主旨説明

『鼻毛の森』は、日本的美徳と紙一重な独善的保守志向・・・いわゆる人間の本質(=残念な部分)を突き詰めた著作物の企画・開発・製造・ 実演を担う「セカンドオピニオン」兼「ファイナルプランナー」として独占的隙間産業を形成する「非特定営利個人」です。

公約は“脱・理想論”。
時代に呼ばれる前に現れた
新世代のカリスマです。 

 
鼻毛の森エンターテイメントジャパン代表・橋詰晋也"永遠の33歳独身花嫁募集中"です。長い名称でごめんなさい。加えて、後半部分は虚飾を織り交ぜておりますのでご了承ください。 

さて、“意識の高すぎる現代社会”に警鐘を鳴らすべく、2004年より“10年先の現実”を見据えた“理想論撲滅”活動を継続する『鼻毛の森』ですが、“(現実から)目を背けたい”抵抗勢力の台頭も多く、本日も安定の苦戦を強いられております。思い返せば活動10年目となる2013年、芸能界のデラックスな御意見番様より、「現実にわざわざお金を出す人なんていないわよ!」と直々に“アウト”をいただいておりましたが、その言葉がブーメランとなって我が身を貫き、不毛な半生を悔いる私の有様もまた、“現実”的な宿命だと痛感しております。 
とはいえ、実社会はより“現実を看過できない状況”へまっしぐら。気休めが放置した“中途半端な人材”、忖度が生み出した“なんちゃって優等生”らが(案の定)夢破れ、行き場を失い、掌を返した“同族”らも「明日は我が身」と震える・・・“泥沼な未来”は着実に近づいています。なので、まだ間に合う人は間に合う“今”こそ、来たるべき“残念な現実”に先回りし、目を覚ましてくれる第三者・・・“セカンドオピニオン”が必要なのではないでしょうか。  
当方が発する現実(歌詞)は、シビアな保守論で組み立てられておりますが、確実に心当たりしかないはず。もし全否定できるなら、“完璧な大人”か“末期症状の勘違い”のどちらかです。自分探しと称し、ゴールのない旅に逃げる予算をお持ちなら、まずは「理想論撲滅ソング」をお買い求めください。いや、なくても買うべきなのです。むしろ、買いなさい。そして、現実を笑いましょう。
 

 

痛すぎる歌詞と
馴染み過ぎるメロディ―。
理想論撲滅ソングは、
価値観を“再構築”します。 

 
不安の数だけ前向きな後押しを求めてしまうのは仕方なき人間の“性”です。そんな背景が、数々の「名言」や「名曲」を市場に送り出してきたわけですが、“消費者ファースト”の近年は、根拠の乏しいビジネス志向のメルヘン作品も乱発気味で、結果、真に受けすぎたユーザーの“堅実な未来”が先送り、もしくは閉ざされる“負のサイクル”が問題となっております。
「夢は必ず叶う」・・・「この愛は永遠」…「君ならできる」・・・定番のポジティブワードですが、現実はいかがでしょう?これらは概ね “必然”と“偶然”の連鎖に恵まれた“成功例の後追い”であり、むしろ良質な“必然”に出会うこと自体が“偶然”なので、概ね“偶然”と考えるのが“必然”です。
一方、「理想論撲滅ソング」は、等身大の“必然(現実)”のみを描いており、さらに耳馴染みよいメロディに乗せ、どこか懐かしい「J-POP」サウンドで相殺しておりますので、気軽に自身を見直せますし、他者への嫌がらせにも最適です。
矛盾に先回りし、真実のステージ(人生)へ。
『鼻毛の森』は人生の「断捨離」を応援します。
 

 
慣れはクセとなり、
美味へと変わる。
鼻毛の森は、
オトナの万能調味料です。

 
笑えない現実だからこそ笑いたい…もはや笑うしかありませんよね?
数々のJ-POPが継承してきた“大衆的”メッセージにアクセントを加え、“現実”に置き換えた「理想論撲滅ソング」は、ピリリと心の奥底に響く絶妙なる辛口仕立て。ただ、人間の本質が持つ天然の旨み(痛々しさ)が引き立つよう、ベースとなる音楽は基本に忠実な王道路線を貫いており、多くのオトナ世代からリピートもいただいております。ビターな世界観を、むしろオイシクお召し上がりください。

15周年記念パンフレット無料配布中

※クリックによる拡大閲覧が可能です。

代表紹介

 
鼻毛の森
 
シンガーソングライター疑惑
ラジオパーソナリティ崩れ
文筆家気取り
評論家もどき
セルフプロデューサー 

 
 
 “リアルすぎる”歌詞を“王道すぎる”楽曲に重ねたアウトレット(ワケあり)なJ-POPを主軸に、「意識の高すぎる(一部)社会」へ大きなお世話を投じる「脱理想論のカリスマ」。
総称・「鼻毛の森エンターテイメントジャパン代表橋詰晋也永遠の33歳独身花嫁募集中」は本名とフィクションを織り交ぜた公式屋号で、 世の中の“目に見えても指摘できない鼻毛のような(残念な)部分”を次々と作品化し、商品化を経て現金化しています。
富山県出身、石川県(金沢)在住、東京界隈非常勤。

タイトルから現実的すぎるオリジナル曲が秀逸で、「誰でもよかっただから君でもよかった」や「それまではそばにいるよ」は、「ア●ト×デラックス」などのキー局(テレビ)メディアでも「夢なさすぎ!」、「正しすぎて震える!」と話題に。2015年には“中締め”に当たるベスト盤、2017年12月には新曲「真にうけないで」など破壊力に特化した“忖度度外視”の新作「お蔵の音楽」らアルバム作品をメジャーリリースするなど、無駄にちゃんとした活動実績を積んでいます。 
  
また、ディーラーセールスマン出身の(意外に)安定した語彙力からMROラジオ「ラジパラ」MC、「Ya●oo!ライフマガジン」ライターとしても実働しており、(オリジナル以外の)音楽制作面でも「日本唐揚協会」などの様々な公式ソング、演歌・アイドル楽曲・CM・教育関連ソングを続々提供するなど活動範囲は多岐。類まれな器用貧乏ぶりが重宝される“都合のいい”人材です。
 

 
 

業務内容

提案から実践まで。お仕事ください。

活動期間のほとんどを単独で過ごしてきた「鼻毛の森」の各種提案は、ディーラーマン時代に培ったユーザー目線あってこそのクオリティを維持しております。むしろ、業界でもトップクラスの技術を誇るクリエイティブスタッフのサポートも加わることで「安心」・「安全」。絶対的ベースからの柔軟な切り口で、炎上社会が招いた「マンネリズム」を解消するお手伝いをします。名称によるマイナス要因を差し引いてもインパクトは十分かと思われますので、是非、起用をご検討ください。この通りです。

①音楽全般

共感性と中毒性の黄金比を実現。
“あるある”満載で秀逸の極み!
 
音楽ライブ(音響オプションあり)
楽曲提供・制作
 
残念な現実からは目を逸らさず、むしろ笑い飛ばそう―。笑えて、すっきりして、役に立つ。メッセージ性の強さを感じさせないライブは、不謹慎と思われがちな結婚式披露宴や企業パーティー、老人会慰問ライブ、ファミリー向けイベントでもスベリ知らずな実績を誇ります。
ストーリー仕立てで展開するライブは、5分尺から3時間尺まで自在に対応可能です。
※ショー+司会+音響設備…イベントを最悪一人でこなせる圧倒的コスパも魅力。
 

②司会全般

アドリブから無機質まで。
実績と信頼のスキルが絶妙!
 
ラジオMC・各種ナレーション
イベント司会

 在住の北陸3県では、各県域ラジオ局でのメインMC経験を持ち、著名人から地元人までに及ぶ幅広いトークセッションも絶妙なテンポと切り口でこなします。近年は、コミュニティFM全国ネット番組(ミュージックバード制作)も任され、全国誌「BRUTUS」のラジオ特集などでは「知るべき異質のパーソナリティ」として大々的に紹介されました。自動車ディーラーマン生活から生まれた適度なアドリブで商業的に組み立てる流暢なトーク術は説得力も抜群。講演など様々なシーンにも応用可能です。
 

③執筆全般

商業広告から企画記事まで。
フリーライターもフル稼働。
 
フリーライター契約
コラム連載・取材依頼
 
2007年、グルメ誌の委託ライターとしてキャリアをスタート。以降、住宅雑誌、旅行雑誌などあらゆる商業媒体での記事執筆をこなしています。2015年からは、大手広告代理店直下の編集プロダクションらの単独指名により、東京お散歩サイト「キタコレ!」、集英社「週プレニュース」、Yahoo社「ライフマガジン」にも不定期掲載。鼻毛の森名義でも新聞媒体、情報誌にコラムを寄稿するマルチライターです。

稼働中のレギュラー

 

ラジパラw(MROラジオ)

放送時間:毎週土曜13:00~15:00 LIVE
Radiko、U-STREAMで生配信中
メール:para@mro.co.jp
twitterハッシュタグ #1107mro
理想論撲滅を掲げる北陸在住シンガーソングライター「鼻毛の森」が言葉の変化球を織り交ぜながらお届けする、試験的要素満載のリスナー参加型2時間ワイドプログラム。
番組公式サイト
 

東京お散歩サイト「キタコレ!」

配信日:不定期(月1~5回)
お出かけのキッカケ。〜生きた東京、いかがですか?〜キタコレ!は、(たぶん)まだあなたが知らない東京を、(ほぼ)自分の足で、(ほぼ)毎日紹介しています。ソフト体当たりライターとして準連載。
記者専用ページ
 
 
 

終了したレギュラー

 

RADIO
  • 大先輩のありがたいラジオ|FMとやま 2007
  • くるまーと通信|FMとやま 2007
  • お天気ローソン|FMとやま 2009
  • ラジオネガマックス|MROラジオ 2010
  • 鼻毛の森のラジパラ?|MROラジオ 2011
  • すべるかもしれないラジオ|MROラジオ 2013
  • 鼻毛の森のラジパラz|MROラジオ 2011
  • ミュージックダウト|FBCラジオ 2010
  • 情熱NIGHT|FBCラジオ 2010
  • 情熱NIGHT HOLD|FBCラジオ 2011
  • よろず屋ラジオ|FBCラジオ 2012
  • 音・街|ミュージックバード 2014

 
 

単発出演歴

 

TV
  • 大阪ほんわかテレビ|読売テレビ、2013
  • 朝生ワイド す・またん!|読売テレビ、2013
  • ギョクセキっ!|関西テレビ、2013
  • アウト×デラックス|フジテレビ、 2013
  • アウト×デラックスSP|フジテレビ、2013
    他多数

 

RADIO
  • J-Hits COUNTDOWN|2011~
  • くにまるジャパン|文化放送、2013~2015
  • 嘉門達夫のカモンEXPO大作戦|FM大阪、2013~2016
  • ごごばん|ニッポン放送、2013~
  • ごごばんフライデー|ニッポン放送、2013
  • 亀渕明信の日本全国ラジオめぐり|NHK第一、2013
  • こころに聞くラジオ|ラジオ関西、2013
  • CRK MUSIC HEADS|ラジオ関西、2014~2015
  • 番組名不明|FM愛知、2014年
  • 番組名不明|FM神戸、20⒖年
  • 夕刊ゴジラジ|NHK名古屋、20⒖
  • ON THE PLANET|JFN全国ネット、2015~2016
    他多数

 

MOVIE
  • シベリア超特急5(満州浪人・五右衛門役)

 

WEBニュース特集履歴
  • 「カップル撲滅」を掲げるシンガーのライブに行ってきた|EXITEニュース
  • コンセプトは「仕方ない」 残念すぎるクリスマスソング|ねとらぼ
  • 正直すぎる“リアルラブソング”なぜ歌う? 謎のミュージシャン|ねとらぼ
  • 世界に一つだけの花』へのアンサーソング!? シンガー・鼻毛の森が新曲発表|SPA!
  • “現実を描きすぎて売れない”シンガー・鼻毛の森とは?|SPA!
  • “リアルラブソング”の旗手と「日本唐揚協会」がコラボ|EXITEニュース
  • 「カップル撲滅」を掲げ、“リアルラヴソング”を歌うシンガー|Exiteニュース
  • 「カップル撲滅!?」リアル過ぎて残念なラブソングの歌い手が登場|ドカント
  • バカサミットに学ぶバカを武器にする方法|ドカント
  • 東野幸治MCの新番組「ギョクセキっ!」本日スタート|お笑いナタリー
  • メッセ黒田のかわいすぎる私生活に後輩芸人たちがどん引き|お笑いナタリー
  • 「カップル撲滅」を掲げを歌う「鼻毛の森」が気になる|NEVERまとめ
  • “バカ”なことをしてメシを食っていく秘訣【後編】|日刊SPA!
  • カップル撲滅?鼻毛の森、リアルすぎるウェディングとは|婚活ニュース

他多数

質疑応答

 その名前…ふざけてるんですか?
 
奇をてらわせた活動総称は社会の不条理に由来します。 
失恋、失業、失脚…日常生活には、向き合いたくない「現実」が存在しますよね?
それらが表出した際は、仕方なくてもなんらかの策を講じるのが通常ですが実態はどうでしょう。
ただ不都合から目をそらす夢見がちな当事者、矛盾を感じながらも指摘するリスクまでは負えない他人…あてもなく逃げ回るもどかしさや往生際の悪さは目に余るばかりな下衆の極みです。

『鼻毛の森』はそんな「目に見えても第三者には指摘しづらい恥ずかしい部分」の集合体であり、「あなた方」が本来向き合うべき不可欠な存在なのです。
 
理想論撲滅ソング…お笑いですか?
 
中の人は大きな失恋と信頼していた人間の逃亡など「笑えない現実」を契機に「脱・理想論」の論者となりました。プラス思考には 限度があることを実感しているからです。
そんな「笑えない状況を笑う」ために開発されたのが理想論撲滅J-POPなので、要素的には「お笑い」とも言えるのでしょうが、受け取り手によっては「シビアすぎて笑えない」との声もいただいておりますので、断定は差し控えさせていただきます。
ただ、お笑いと思える余裕を持って聞いていただけたらなによりです。
 
なんの目的でネガティブなテーマを?
 
「理想論撲滅ソング」の歌詞には、王道J-POPソングでは伝えきれない、むしろ伝えようともしていな「身も蓋もない現実」のみを詰め込んでいます。「対照的」であることで、ユーザーに選択肢を与え、J-POP界隈全体の「ふり幅」を拡大することを最終目標に、「セカンドオピニオン」の位置づけを模索してます。もちろん、嫌がらせであることも否定できません。
 
曲は聞きやすいんですね。

 
基本的に残念な歌詞を中和してくれるのは王道J-POPのメロディラインとアレンジです。圧巻の親しみやすさで、適度なバカバカしさと感動がアクセントとして加わり、抜群の浸透力を実現。何度でも聞き流していただけます。

念のための逃げ道も用意する「優しさ」…そういう意味でもむしろ「大人」のジャンルなのです。
 
で、なにが本業なんですか?
 
そもそも"主軸だけ"で目的を達成するには無理と無駄があります。
当方の目的はあくまで「現実の伝達」であり、生き様への共感(同情)は副産物だと認識し、与えられた場合のみありがたく頂戴しています。それはお仕事に関しても同様です。
2007年より、元ディーラーセールスマンを経由した無駄な経験値によるふり幅と説得力で、「言葉」に関するあらゆる業務に従事しております。 安心と信頼の実績は、プロフィールでご覧ください。

 

個人鑑賞から嫌がらせまで。

 理想論撲滅ソングらは個人で所有するには若干「重い」商品です。 
自身の反省材料として所有・愛聴していただけることが理想ですが、ちょっとした嫌がらせグッズとして誰かにプレゼントするとすっきりします。 冗談の通じる親友へ、ちょっと浮かれすぎなカップルへ、自意識高めの知人へ…送り先は様々。ぜひ用法・用量を守ってお召し上がりの上、よりコアなアーティストグッズの購入へとお踏み切りください。 CDリリース作品はUSENリクエスト対応、2012年以降のA面曲はJOYSOUNDカラオケに対応しています。

注意事項

1.繰り返しお聞きになると、笑えなくなる場合がございます。
2.疲労時にお聞きになると、より疲れる場合がございます。
3.意識高い系が相手だと、見下される場合がございます。
4.該当しすぎる相手だと、ムキになる場合がございます。
5.真面目な方が相手だと、過剰に落ち込む場合がございます。
6.人格者が相手だと、返り討ちに合う場合がございます。
7.関係性の薄い方には、人格が疑われる場合がございます。

2017年12月6日発売!2年ぶりのメジャーアルバム。
 
  • YZWG-020 3000yen(tax in) 
  • 発売元:A-force NEXT
  • 販売元:クラウン徳間ミュージック販売 
「お蔵の音楽 -outlet music-」
  • 収録楽曲
  1. 言葉だけはありがとう
  2. 知り合いだろうよ
  3. 行けたら行くよ
  4. お帰りください
  5. いまひとつ
  6. こんなのでも
  7. ボクハサクラ キミノサクラ
  8. フラレタリウム
  9. ホショウショ
  10. 手を切って離そう
  11. まぁまぁまぁまぁまぁ
  12. 真にうけないで

 

憑き物が落ちたリアリティ。破壊力と浸透力に溢れた最高欠作!

 ヒットチャートが誘導する“過大なポジティブ”に疑義を唱え、夢に溢れすぎた聴衆に “等身大のネガティブ”を贈り付ける…。“万人受けより万人向け”に徹する「理想論撲滅J-POP」を武器に、幾多の物議を炙り出し続けてきた孤高のリアリスト「鼻毛の森」が秘蔵にするべき“上級者向け”楽曲をこのアルバムで一挙に大処分する。
 
よりリアリティが増した“耳を塞ぎたい”歌詞と、よりクオリティを高めた“耳馴染みのいい”音楽―
二層の無駄が絶妙にシンクロする“ギャップ萌え”な12曲は、大の大人の大人気なさ、いわゆる嫌がらせの集大成としながらも、喜怒哀楽を揺さぶる意味では“真のメッセージソング”と呼べないこともない。
 
素材(本質)を活かして糖質控え目、さらに辛口仕立てで、デトックス効果も期待できる楽曲群は、もはや健康志向の三ツ星“料理”。あくまでも“愛情”が隠し味だが、言いたいことも言えないこんなJ-POP界隈では、今回もワケアリ(毒)として廃棄されていくことだろう。
 
Treasure or Trash?―
“お宝”とするか“ゴミ”とするかは、
全てオトナの自己責任。
さあ、「諦める勇気」を手に入れようか。
 


 

フライヤー配布中(拡大可能)


2015年12月3日発売!活動10年を区切るメジャーベスト盤。
 
 
  • YZWG-018 3000yen(tax in) 
  • 発売元:A-force NEXT
  • 販売元:クラウン徳間ミュージック販売 
 
鼻毛の森ベスト「GRAY TASTE FITS」
  • 収録楽曲
  1. それまではそばにいるよ-Next ver.-
  2. 紐 
  3. だから言ったのに~抜け殻の君へ~
  4. お気を確かに
  5. 君にしてあげたこと
  6. Sorry Night~惨状のメリークリスマス~ 
  7. アゲアゲチ金フライデー~FRIDAY AGAIN~ 
  8. 誰でもよかっただから君でもよかった-Next ver.-
  9. 君でいいのかな-Next .ver-
  10. もう一度選び直せるのなら-Next .ver-
  11. 幸せだと思うことにするよ
  12. もうそれでいいから
  13. 社会にあるだけの中の一つ

 

4枚のメジャーリリースシングルに書き下ろし曲を加えた鼻毛の森中期集大成

リアルすぎる世界観で独占市場を形成し、業界から一目と距離を置かれるサブカルソングライター「鼻毛の森」が、初リリースから10周年(執念)を記念したベスト盤を緊急発売。各メディアを通じて炎上を重ねた「誰でもよかっただから君でもよかった」や「それまではそばにいるよ」(新録)はもちろん、リアルウェディング3部作(自問・後悔・妥協)全編や「社会にあるだけの中の一つ」などメジャー以降のシングル曲、日本唐揚協会コラボキャンペーンソングで配信限定曲とされていた「アゲアゲチ金フライデー」までを惜しみなく収録。更には、関西のテレビバラエティ(終了)で初披露されたまま幻となった「お気を確かに」、一方的な絆を描く「紐」、恋愛の象徴的イベントに水を差す「Sorry Night~惨状のメリークリスマス~」などシングル候補筆頭曲も繰り上げた大「盤」振る舞い。ネタとして、浮かれ気味な自身への反省材料として、さらには自意識高めな誰かへの嫌がらせとして。「喜怒哀楽」をゆさぶるハイブリッドな一枚です。



 

フライヤー配布中(拡大可能)


2008年9月発売!初期のスパーク感が宿るインディーズベスト。
  • HMEJ-001 2000yen(tax in) 
  • 発売元:HME JAPAN
  • 販売元:WING MUSIC
-single's best-歌わなかったLOVESONGS
  • 収録楽曲
  1. info
  2. 君も離さないから
  3. 歌わなかったラヴソング
  4. 君でいいのかな
  5. HAPPY HAPPY SUNDAY~君に会えないから~
  6. あの花びら大回転(D.MIX)
  7. それまではそばにいるよ
  8. 誰でもよかっただから君でもよかった
  9. もう一度選びなおせるのなら
  10. カップルへの手紙
  11. もう一度選びなおせるのなら(2回目)

 

鼻毛の森初期の開き直り感を凝縮したインディーズベスト

鼻毛の森創世記の代表楽曲「まだ見ぬ恋人ヤスコに捧げる歌~歌わなかったラヴソング」、「あの花びら大回転」など、粗削りで早合点な世界観が突出したインディーズベスト。「もうそれでいいから」、「HAPPYHAPPY SUNDAY~君に会えないから~」など、現在の鼻毛の森のスタンスが垣間見える既視感にも注目。20代にレコーディングされた旧バージョンの「それまではそばにいるよ」「君でいいのかな」「もう一度選びなおせるのなら」「誰でもよかっただから君でもよかった」のさわやかな歌声も聞き逃せない。

フライヤー配布中(拡大可能)


直接販売

音楽アイテムからグッズまで

Tシャツ、タオル、エコバッグ、ステッカー、コースター、クリアファイル…鼻毛の森定期公演をはじめ、各種イベントで限定販売される豊富なキャラクターアイテムは、当ホームページ経由での個人取引でもお求めいただけます。CDは現役流通商品から絶版扱いのインディーズ作品まで一通り揃えていますが、在庫に限りがあるのでなくなり次第終了です。指定いただければサイン対応いたします。
 
hanage76@gmail.com
 

CD
①MAJOR BEST

GRAY TASTE FITS
3000円

②INDIES BEST

歌わなかったLOVESONGS
2000円


③CD MAXI SINGLE

社会にあるだけの中の一つ
1200円

④⑤⑥CD MAXI SINGLE

④君でいいのかな
⑤もう一度選びなおせるのなら
⑥幸せだと思うことにするよ
各1200円

GOODS
⑦新ロゴTシャツ

白・赤(M、L、XL)
各3000円

⑧新ロゴフェイスタオル

白・赤
各2500円


⑨A4トートバッグ

白・赤
各2000円

⑩印籠クリアファイル

白×黒・白×金
2枚セット 500円

公式日誌

Ameba公式 鼻毛の森オフィシャル「相対性異論」より

 

お問合せ

お気軽にお問合せ、その延長でお仕事ください。
  • 必須項目は必ず埋めてください。送信できませんよ。
  • 内容はなるべく詳しくお書きください。やりとりがスムーズになります。
  • 当人対応のため、稼働状況によっては返信を数日いただく場合があります。